2021年11月   出席者数 33名 株数 89株 (場所:(株)根岸園芸にて)

  

人気投票結果の花画像の上でクリックしていただきますと拡大画像になります.。

戻るときは、右上の白い✖を押してください。  

 


 

特別展示≪珍種・珍花≫部門    11株 


【第1位】

Bulbophyllum(Bulb.) fascinator semi-album

 

この株は買ったばかりのものです。通常の種は茶色ですがこの個体は黄色でリップが赤紫色なのが大変気に入って買い求めました。

川井修一


【第1位】

Dendrobium(Den.) lamellatum

 

マレーシアサバ州産の株なので少し変わっています。

山田明次

 

 

 

 


【第3位】

 Acianthera(Acia.) prolifera

成田光一

 


 

≪原種大型カトレヤ株≫部門    24株


【第1位】

Cattleya(C.) perrinii

 

この株は、根岸園芸で8年前に買い求めたものです。花が大きく花色が気に入っています。昨年はリップとドサールセパルがくっついてしまったのですが(某蘭店によると原因は暑さなので山上げ等で対応できるとのこと)、今年は山上げで元に戻り、4リード12輪付きました。

川井修一

 

 

 

 


第2位】 

Cattleya(C.) maxima rubraDarth Vader’

柴田論

 

 


【第3位】

Cattleya(C.) maxima  coerulea Blue Lagoon’

伊藤彬

 

 


  

≪原種大型株≫部門    11株 


【第1位】

Prosthechea(Psh.) vitellina

 

この株は新潟のOCガーデンで買い求めました。オレンジ色が好きなこと、花持ちが2ヶ月近く日持ちが良いことがいいのですが、暑さに弱く6月~9月までは山上げで対応、生育期には水切れさせないことに注意して育てました。

川井修一

 

 

  


【第2位】

 Spathoglottis(Spa.) lobbii

石井憲治

 

 


【第3位】

Dendrobium(Den.) usitae

伊藤勝朗


 

≪原種小型株≫部門   14株 


【第1位】

Cattleya(C.) cernua

 

この株は、20161月のサンシャイン蘭展で愛知のAナーセリーから小苗で購入しました。4年後の昨年初花が3輪咲き1円硬貨大の花径がありました。更に今年は花が5輪しかも500円硬貨大の花径となりました。ただ分岐がなく大株になりにくいため来年は色々トライしようと考えています。田村和巳 


【第2位】

Cattleya(C.) walkeriana

増永隆司

 

 


【第3位】

Cattleya(C.) pumila coerulea

伊藤勝朗

 

 


 

≪交配種大中株≫部門    26株 


【第1位】

Bulbophyllum(Bulb.) Elizabeth AnnBuckleberry ’

= Bulb.( longissimum x rothschildianum )

この株は10年ほど前に館林のN園芸で入手したものです。バスケットで育てていたら経年で木枠が腐り水苔もボロボロになって株も弱りましたが、春先にプラスチック籠に変えて新鮮な水苔で植え直したら従来より多く咲いてくれました。

石井憲治


【第2位】

Cattleya(C.) Dinard Blue Heaven

=C.( Saint Gothard(1908) x Dinah )

鈴木文

 

 

 

 


  

交配種小型株部門   3


【第1位】

Cattleya(C.) Monaria

= C. ( Beaufort  x  Grand Ayu )

娘の名前をつけたMonariaには、オレンジから赤までいろいろな色の花が咲く兄弟達がいます。今回咲いた花は赤いので、楓(かえで)'という個体名で呼ぶことにしました。ちょうど紅葉の季節に咲いた花でもありますからね。交配したのは9年前。あっという間に月日は流れます。

柴田美和